--/--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/11/09 (日)

濁り出す魔法


■濁り出す魔法


サーカス舞台の裏側、怖い噂を知ってるか。


骨のサーカス、お金の無い子供はチケット無しでもショウを見る事出来たでしょう。
ねえ、よくよく考えて。
食べる物ぎりぎり、団長の財布は火の輪潜りのあのサーカス、
一体何処にそんな余裕が有ったのかしら。

子供の頃だし只の違和感、曖昧な事なのだけど。
ショウを見に来たこどもの数と、帰っていくこどもの数、毎回だいたい違っていたよ。
おおかた途中で帰って仕舞ったんだろうと思って居たけど。
ねえ、もしかしてそうじゃなかったら、どうしよう。
(こどもはどこかに連れて行かれたのだとしたら、どうしよう)

話は変わるが団長が今のメロルーシャくらいの歳の頃、
どうやらあんまり良くない仕事をしていたらしい。
それがねえ、奴隷商人の片棒。子供の売り買いの、手伝い。

時々、ウチにえらく胡散臭い商人が来ていただろう。
グー、あの商人に目を付けられていたの、知っていた。
人懐こくて、あの辺りの子供の中じゃ珍しい色をしていたから。

珍しい色の子供は狙われるんだ。
穏やかで従順な子なら、尚更。
趣味の悪い金持ち、泥まみれの仕事。
裏側では幾ら有っても手が足りない。


あの気持ち悪い目。思い出しただけでも怖気が走る。
めろは、めろは。ねえ。いつ御前が連れて行かれるんじゃ無いかと恐ろしかった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。